« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月26日 (土)

偶然ではない、必然の出会いに感謝

今日は大切な方が亡くなられて、ちょうど1年です。
その方は、ヨゼフ・ピタウ大司教様です。
Image_2

直接お会いした方ではありませんが、
1996年に開催されたローマの展覧会に、
主人が写真の絵を出品した時、
展覧会の会場になっていたグレゴリアン大学で、
1992年〜1998年まで学長を務めておられました。

その後、教皇庁教育省次官(大司教)まで、
歴任されましたが、
日本を愛し、日本のために祈りを捧げたいと、
日本に帰ってきました。

日本に帰る?と思われれると思いますが、
実は、1952年に一度来日し、
1964年〜は、上智大学で法学を教え、
1968年〜1975年まで、上智大学理事長。
1975年〜1981年まで、上智大学学長。
その後も、日本のイエズス会を支え、
発展に尽くされました。

ピタウ様がご出身のイタリアにおいでになったのは、
ピタウ様の86年間のご生涯で、たった20年ほど。
まして、グレゴリアン大学学長は、6年間でした。

その短い期間に、ピタウ学長より
展覧会に来場された方々から
一番票を多く頂いた作品として、
グレゴリアン名誉作家認定証を頂きました。

それから、ピタウ様は大司教になられましたが、
その後、ローマ法王の道ではなく、
日本に帰化されたのです。

それから、ずっと日本で祈りを捧げながら
生涯を終えられ、昨年の12/26に帰天されました。

以前、外務省の方が賞状のサインが本物かどうか、
ピタウ大司教様に確認された時に
確かに私のサインですと、
おっしゃってくださったそうです。

そして、この作家は、家族3人でアートで、
皆様の幸せに貢献する活動をしていますと
お伝えしたら、ピタウ大司教様から

それは素晴らしい。このような方を
名誉作家として選びました事は本当に喜びです。
ご家族様にもよろしくお伝えくださいと、
有り難いご伝言を頂きました。

それからピタウ大司教様にお会いしたいと
ずっと思っていました。
しかし、願いが叶えられず、大変無念でした。

そんな中、偶然にも今年の9月に
上智大学理事長様とご縁を頂き、
ピタウ大司教様の事を教えて頂きました。

そして何とご縁を頂いた現理事長様が、
ピタウ大司教様の追悼ミサをされたそうです。
本当に偶然の出会いではないように思いました。

ピタウ大司教様が、バチカンの
サン・ピエトロ大聖堂で大司教に叙された時、
紋章には、「全てにおいて愛し、仕えること」
との言葉を記されました。

生涯、出逢う人を愛し、
その全ての方を支え、祈りを捧げ続けたピタウ様。

これからも神様のおそばで、
すべての人に愛をお届けください。
ありがとうございます❤️❤️❤️

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスイベントの思い出

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 3日 (木)

いつも君のそばにいるよ「朗読の世界」

今年も街はクリスマスのイルミネーションで着飾ってribbon

にぎやか、華やかな装いに包まれていますshinexmas

そんなメイン通りから外れたところには

ひとりぼっちのあなたがうつむいて泣いているのでは

そんなあなたの心に届くように

「いつも君のそばにいるよ」の朗読を贈ります。

https://www.youtube.com/watch?v=ZxJ0-w74MJY 

あなたの心を笑顔にhappy01

スターリィマンからの9つのpresent贈り物

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 1日 (火)

本気の夢をプレゼンする「ドリプラ」を支えている人

皆さんは、本気で叶えたい夢を聴いたことがありますか?

夢を聴いて、涙が止まらないほど感想したことがありますか?

12月12日 

ドリームプラン・プレゼンテーション世界大会2015

本選が開催される。

今回で9日目を迎える当大会を

引っ張っている一人に「川合径」氏がいる

その彼のドリプラへの思いに感動して涙が止まらなかった。

今日はその川合径氏のFBをご紹介したいと思います。

径さん、径さんと初めてお会いしたのは、

20085月のドリプラ出場のための説明会でしたね。

持参したスターリィマンの著書を見て

感動してくれて、会場ですぐに

福島正伸先生にご紹介してくださって。

あらから7年が経ちました。

祐希は12月の本選で夢を語らせていただき、

その夢を叶える毎日を送ることが出来ています。

径さん、ドリプラの一人一人の夢を

支え続けているあなたの姿に

いつも感動をし、誰かの夢のために、

応援し続ける日々の悩みや苦しみを乗り越えていく

情熱と諦めない勇気に

径さんに「ありがとう」♡♡♡

 

私が感動した~川合径氏のドリプラへ思い~

結果がどうであれ>

 

うまくいくかどうか、本気かどうか、そんなことはどうでもいい。

 本気だ本気だと言っても、本気かどうかなんて僕にはわからない。

いろいろやっていったら、先に進めることもあるかもしれない。

行けないかもしれない。

それでもやってみようと体が動いていく。

 

今年のドリプラ世界大会まであと10日。

 

ドリプラは「この人すごいよ」

ということを見せる舞台ではないような気がしてきた。

 

「こんな夢に挑戦して、本当に社会を変えようとしているよ。」

そんなことを伝える大会ではないような気がしてきた。

 

身も蓋もない言い方だ。

 

きっと

「ここまでやり続けている人たちが、

 この先結果がどうであれ、それでも続け、

 やれるところまでやった先の先に

 何を見いだすことができるのか。

 力を合わせて助け合った先に、何を生み出せるのか」

 そんなことを問われている。

 そこに挑戦する姿を問われている。

 その姿から、どれだけの人が

 勇気を奮い立たせることができるのか。

 それこそドリプラ。

 

 特に今年はそれを見せたい大会。

 そして、見ることのできる大会。

 

 ある意味、9年目にして原点回帰だ。

 

 これからの時代をつくるのに、

 正解は無いと思っていた。

 答えは自分で見いだすもの。

 当たり前です。

 

 でも一つ、正しいことがあるとしたら、やっぱり

 

 「夢を語ること、夢を描くこと」なんだと思う。

 

 ああしたい、こうしたい、なぜしたい、誰のために。

 

 それを描くことが、次の行動への力となるから。

 

 僕は夢を語ることを恐れていた。

 具体的に何をしたいと言うのが、怖かった。

 

 評価されるから。

 自分自身がどの程度なのかわかってしまうから。

 

 でもそんな評価は、どうでもいいチンケな勘違いだ。

 

 あと10日。

 

 この状況でもあの手この手でやり抜こうと動き続けているプレゼンター。

 今日も事務所に押しかけてきた。

 

 少しの可能性があるのならば、

 なんでも掴んでいこうとなりふり構わない姿。

 

 そんな人たちと一緒にできて、本当に幸せだと思う。

 こうやればいいんだと、目の前で教えてもらっている。

 

 その人たちに負けないように、僕も精一杯、やっていきたいと思う。

 今年のドリプラを、最高のものにしたい。

 

 出演する人一人一人が全部を出し切れる、

 人としてここまで挑戦できるということを

 見せることができる舞台にしたい。

 

 この舞台は、僕が今見ているように、

 どのように道を切り開くことができるのか、

 ヒントに溢れている。

 

 だから見て欲しい。今年のドリプラを。

 

 世界大会は、12/11(金)に予選、12/12(土)に本選です。

 https://www.facebook.com/events/707736002690299/

 今日は12月1日!

 さぁ!誰かのために生きている

 心やさしい愛と夢で輝く

 スターリィマンのようなあなたに

 にこにこ笑顔でハッピーが降り注ぎますように☆☆☆

  にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »